腹筋を鍛えて便秘改善

正常な腹筋を維持している場合は、問題無く便を外へ押し出すことができ、スムーズに排便を行うことができます。
しかし、腹筋が弱いと便を外へ押し出すことができず、排便を困難になり、便秘になってしまうという訳です。
また、腹筋が弱まってしまうとしっかりと内臓を支えることができず、どんどん下に内臓が下がっていきます。
そうすると胃や腸が本来の働きをすることができなくなるため、便秘になってしまいます。
このように腹筋が弱いと便秘になりやすくなるので、特に女性の方は腹筋を鍛えるようにしてください。
腹筋を鍛えるために一番有効なのは、筋トレです。
毎日、コツコツ腹筋運動をすることによって、徐々に筋肉が強くなっていき、腹筋がついてきます。
最初から1日の回数を多く設定すると長く続けることができないので、無理のない回数からスタートしてください。
短期間で腹筋をつけても、筋トレを止めてしまうとすぐに腹筋は弱まってしまうので、毎日少しずつ続けることが大切です。

油抜きをすると便秘になる

ダイエット中の方は油の摂取を控える傾向になります。油はカロリーが高いですが、控えてしまうと便秘になります。
油には便の滑りをよくする働きがあります。極端に減らすとパサパサの便になって排便が難しくなります。適度な油の摂取が必要なのです。
摂取する油は質に気をつけましょう。マーガリンや揚げ物の油はトランス脂肪酸といって体に悪い避けたい油です。積極的に摂りたいのが魚や亜麻仁油などに含まれるオメガ3です。肌をつややかにしたり、便秘解消効果があります。

こちらは「便秘」に関してて、私がよく見るサイトです
即効快腸!便秘解消に効く食事療法の裏ワザ

ウイルスと便秘の関連

便秘の原因は沢山あると思いますが、流行の病気、つまり感染型ウイルスからでも便秘にはなります。私も感染型ウイルスにより便秘になった経験があるのですが、それまでは至って健康そのもので便秘になったことなど今までに数回あるくらいでした。
感染型ウイルスでべんぴになってしまいましたが、このウイルスというのは一年を通して感染する危険性もあります。なので普段から自分が観戦していないか、またはそれで便秘に繋がっていないかなどを調べれていないと後で便秘になったと言っても遅いわけです。